私の過去に乗ってきたバイクたち

私の過去に乗ってきたバイクたち



<原付から中型時代>
私は高校時代からバイクを何台も乗ってきたのですが、そのバイク名と思いでを語りたいと思います。
高校時代はヤマハGT50で、メーターがなんと100km/hまで目盛ってありました。そんなに出るのか?と思っていたのですが平坦な道で約70km/h!くだりだと90km/hは出て驚いた記憶があります。2代目はヤマハRZ250、何型かは忘れましたが45psで規制前のモノでした、決して早くはなかったのですが中免取得後初めて乗ったバイクでしたので思い入れがありました。3台目はカワサキGPZ400F、空冷ネイキッドで暴走族御用達でした。(私は族ではありませんが)4台めはSRX400、空冷シングルで軽かったため軽快な走りが楽しめました、なおこのバイクで事故って入院しました。(車に跳ね飛ばされたことは忘れもしません)5台めはスズキバンディット400、あまり乗らなかったのですが前後17インチで峠での切り返しは鮮やかでした。その他所有はしなかったのですが友だちに借りたりしたバイクはいろいろありました。(GBクラブマン400、ウルフ250、RGV250Γ、グース350など)


<大型バイクとの出会い>
20年ほど前まで、大型二輪免許は運転免許センターでの一発試験でした。超難関試験と言われ合格者数%でとても受かるものではありませんでした。たぶん1997年だったと思いますが、バイク雑誌に「大型自動二輪免許、教習所での取得解禁!」と書いてあり、「もう一生取得することは無いだろう、中型でも十分満足できるし」と思っていた私に光がさした(ような気がした)瞬間でした。私の住んでいた山梨県では4月から解禁でしたが、3月頭に申し込みに行くとすでに100名ほど入校予約されている状態でした。結局4月下旬からの入校、教習開始となり、自宅から50km程の道のりを会社が終わってから高速に乗って1時限受けに行ったことを覚えています、でも苦痛ではなく楽しかった覚えがあります。ようやく教習も終了し大型二輪免許取得、俗にいう「限定解除」となってからまずはかねがね欲しかった、カワサキGPZ900A7(俗称ニンジャ900)を購入、圧倒的なパワーに振り回され感動しました。因みに中央道で調子に乗っていたら、覆面に捕まったこともありましたが、交機の「早いね~、速度計測しそこなった」は、鼻高々でした。でもこのニンジャで3回くらい捕まりましたね。(反省)、次はカワサキゼファー750。因みに1300もあったのですが重そうだったので軽い750に、ちょっと非力だったのですが取り回しは良く、扱いやすかったです。最後はZZR1100のD型、メーターは320km/hまでありビビッってました。重量は250kgと重く、もしかして加速も鈍重な感じでは?という期待を裏切りとんでもない化け物でした。なお、ZZRで左右立ちゴケをしてからは運転にもちょっと自信喪失してしまい、以降乗っていません。現在50歳ですが、定年後には取り回しが楽な250(エストレアRSがいいかな、考えると楽しくなってきます)でも乗って、安全に運転して楽しみたいなと思ってます。リターンライダーの事故が多いと聞きますが、若い時の様に体は利かないので安全に乗って欲しいと思います。もちろん若い方も。


バイク 処分